ダブルケージのすゝめ。

こんにちは。
スタッフ横井です。

ちょっと思いついたので、久し振りに小物ネタを一つ。


皆さん、ボトルケージっていくつ付けていますか?
「まだ付けてない。」
「1つ。」
「2つ。」
「もっと。」
b0217782_10332878.jpg


「1つあれば充分だよー。」という方も、興味があったら見てみて下さいませ。






ボトルケージ。
名前の通り、ドリンクボトルを自転車に搭載する為のものですが、ロードレーサーには一般的にダウンチューブとシートチューブの2ヵ所に取付台座が付いている事が多いです。

別に「どっちが好み」とか「片方は携帯ポンプ取付用」とか言う事ではなくて、2個ボトルケージを付ける事ができる訳ですねー。(ちなみにほとんどの携帯ポンプとボトルケージは、1ヵ所の台座に同時に付けられます。)

じゃあ2つ付けるメリットは?というと、

・水分を沢山積める。
まあそれも1つですよね。

・水とスポーツドリンクに使い分ける。
これも重要。
特に暑い時期、頭からかける真水と、ミネラルやカロリーを含んだドリンクを使い分ける事もできます。

で、ココに追加。


b0217782_10504119.jpg

・片方にはツール缶(ボトルサイズの小物入れ)を搭載。
サドルバッグ等にパンク修理グッズを携帯するという事もよくあると思いますが、ツール缶という選択肢もあると、サドルバッグに更に別のもの(小銭や携帯、補給食など)に使えますよね。

・片方には輪行袋
最近の輪行袋は小型化してきているので、ボトルケージに収まってしまうものも少なからずあります。
サドルバッグが付いてしまっていると輪行袋を車載するのは難しそうですが、小型なものならこれも一案です。ツーリング派の方も、荷物が少なくて済むかも?

という具合に、色々応用ができるので、「そんなにがぶ飲みしないよー」と仰らず、2個付けてみてはいかがでしょうか?

ちなみに上の写真で店主のバイクにねじ込まれていた商品は、
b0217782_10574159.jpg

輪行袋「Ostrich(オーストリッチ);L-100」¥6100(Rエンド金具別売り¥1780)
3色展開。
畳まれた姿は小さいですが、広げればサイズの大きなロードレーサーからMTB、クロスバイクまでしっかり入る優れもの!


b0217782_10574998.jpg

ツール缶「OGK(オージーケー);ツールボックス450」¥840
パッケージにでかでかと書いてありますが、中にウレタンが敷いてあって、工具等を入れてもガタガタ音がしないこれまた優れもの!
蓋のネジ巻数が多くて、蓋が飛んで行かない事でも好評!(ツール缶の蓋が路面のガタガタで緩んで旅立ってしまった事がある方に)
容量の大きな「ツールボックス700」もあります。

b0217782_1057583.jpg

最後に個人的にカッコいいと思うオススメボトルケージ。
「ELITE(エリート);カスタムレース クローム」¥2700
自転車のカラーに合わせてカッコよく決めたいボトルケージですが、こんなのどうでしょう?
通常のカスタムレースの他のカラーが¥1800くらいなので、クロームカラーだけちょっと高いんですが…



という訳で、「ダブルケージのすゝめ」お読み頂きありがとうございました。
[PR]

by velenyo | 2011-08-17 12:21 | おすすめ商品 | Comments(0)
line

長野県上田市上田原1075-1 TEL:0268-75-8924 定休:木曜日


by velenyo
line